ランナーのためのランニング障害SOS

まつだ整形外科クリニック
  • 過度のランニングによる
    負荷によって生じる症候群です
    障害部分は膝・足などの下肢がほとんどを占めます。
    また、中高年者では加齢による退行性変化を伴う腰痛や膝痛が多い傾向にあります。障害は繰り返される負荷が原因となりますので、要因は多くの影響を受けています。
  • 痛みの部位、症状、程度などをチェックして最も適した対策を考える必要があります ・足のアーチ機能と構造を理解
    ・足のアーチには多くの腱、靭帯、骨が関与していることを理解
    ・足の解剖をしっかり理解

    これらポイントを理解しながら、読み進めてください。
  • 膝関節の局所に過剰な負荷が繰り返された結果生じるもの ・ストライドを伸ばすために必要な膝関節の伸展機能
    ・ピッチを刻んで下肢の回転を上げるための膝関節の引き寄せ動作として必要な屈曲機能
    ・着地したさいの衝撃を和らげるための体重支持機能
  • 最近になって股関節におけるランニング障害が注目されています ・女性ランナーでの股関節周囲の痛みは股関節の適合性が悪いことを考慮すべし
    ・引っ掛かり感がないか確認
    ・診断に難渋するケースが少なくないため、MRIで鑑別が大切
  • 他の競技者と比べて柔軟性に問題がある人が多いと言われています 身体の柔軟性に左右差が生じると身体バランスが崩れフォームを崩す原因となります。

    またケア不足により筋疲労を起こし、障害を起こしている方も多く見受けられます。

ごあいさつ

ごあいさつ 埼玉県熊谷市で「まつだ整形外科クリニック」を開院しています。
2007年から走り始め、2012年の東京マラソンでサブ4を達成。
その後は古傷と相談しながら時間を見つけて楽しく走っています。
モットーは【楽しみながら走る「Fun Run」】
故障しても走りながら治すことを提唱しています!
このサイトが少しでもランナーのみなさんのお役に立てれば幸いです(^^

最新の記事

姿勢別・職業別 ④力仕事

2017年7月10日

こんにちは、理学療法士の法貴です。 今回は姿勢別・職業別ランニング障害の第4回になります。 今回は「力仕事」をしている方の特徴を考えていってみます。 「力仕事」というととても大ざっぱな分け方ですね。 力仕事と聞いてまずイメージするのは、工事現場・工場で働く方、大工さんや土木作業員の皆さんでしょうか。 一般的に、重い荷物を担いだり、長時間立ったりしゃ…… 続きを読む

姿勢別・職業別 ③営業

2017年6月26日

こんにちは、理学療法士の法貴です。 久々の姿勢別・職業別ランニング障害シリーズ第3回、今回は営業職を取り上げてみたいと思います。 営業職でなりやすい姿勢とは? 営業というと普段から外回りなどで歩くことが多いと思います。 1日の中での移動距離が他の部署の人よりも長くなり、その分足も強くなっていることが考えられます。 そう考えるとマラソンなどの競技…… 続きを読む

足のつき方

2017年6月12日

こんにちは、理学療法士の法貴です。 ランニング障害は接地時の衝撃吸収をいかに上手く行なうかが1つ重要なポイントになります。 今回は接地時、つまり足をつく瞬間に焦点を当ててケガとの関係をみてみます。 ピッチ走法とストライド走法 足のつき方は個人差があります。 足のつき方は個人差があります。 以前ブログでも取り上げたピッチ走法とストライド走法で考えてみましょ…… 続きを読む